クラウドワークスで30万

2016年12月末からクラウドワークスでライターのお仕事始めました。ここでは嘆いているようでもありますが、楽しんでもいます。

クラウドワークスのありがとうが100になりました。伝えるタイミングについて。

f:id:shiracoblog:20170606170727p:plain

こんにちは。白子です。

何気に「そろそろ100だな…」と思っていたら、なんと今日めでたく100たまりました。今まで押していただいたクライアントさま、ありがとうございます。

クラウドワークスの機能で、「ありがとう」を伝えるボタンがあります。
ランサーズにもありますよね。

ツイッターフェイスブックのいいね!と似ていますが、違うところは同じ人には1日1回しか押せないというところ。

別に100たまったからどうということもないですが、今までお世話になったクライアントさまからいただいているので、なんだか感無量です。

今回は、いいな~と思う「ありがとう」を伝えるタイミングと、その逆の不思議に思うタイミングについて残しておきたいと思います。

 

応募して返信があったとき

基本的には、顔を見てありがとうと伝えるタイミングで押すのが、いいタイミングだと思っています。
こちらから応募して、何通もメッセージが来ている中から私に返信してくれた、という思いで「ありがとう」をポチ。

中には応募していても返信をくれないクライアントさん、いますよね。
それは、何通もメッセージが来ているのにのにいちいち返してられへん、っていうのも分かるので、全く気にしていません(ってほどでもないけど)が、一応自分なりに自己紹介文や意気込みなどを考えて送っています。

もし断られる場合でも、お祈りメッセージ的な雛形の内容でも、メッセージをいただけたならそれに対して返信をした後に「ありがとう」を押しています。


スカウトメールに返信したとき

先ほどの逆で、星の数ほどいるクラウドワーカーの中からスカウトをしてくれたクライアントさまに対して、返信を送ってから「ありがとう」を伝えています。

お受けする場合も、お断りする場合も、両方です。

これって一斉送信しているんだろうな~と分かるものもありますが、その方にたいしてもお伝えします。
たまたまキーワードでひっかかって送信されているものだと思いますが、もしかしたらこれからお取引があるかもしれない。
ポチっとするだけで気持ちが一瞬でも伝わるなら、それはそれでうれしいです。


評価を登録した後

契約が終わって最後の評価を登録し終わったとき、「ありがとう」を押すようにしています。
お仕事が終わって、最後にお辞儀をしているイメージです。
「いままで本当にありがとうございました」と伝えるのに、絶好のタイミングだと思っています。
もちろん評価欄やメッセージでもお礼は送るのですが、最後のポチがさらに後味良くしてくれるような気がします。

不思議に思うポチ

お仕事が終了しても、翌日以降もずーっと「ありがとう」を伝えてくる方がいます。
うれしくないことはないのですが、不思議に思ってしまいます。

あんまり深く考えることでもないのでしょうけど…なんか…不思議です。
忘れないで!ってことでしょうか??重い(笑)

さいごに

もしこの機能を使われていない方は、なんだか気持ちがほっこりしますのでぜひ使ってみてください。
押す方も押される方も、気持ちがいいです。

タイミングも人それぞれだと思うので、自由に押してありがとうを伝えてみてください。
基本顔が見えないお仕事なので、こういうの大切にしたいです。

ちなみに…目次、はじめて作ってみました。
やってみると意外と簡単ですね。

 

 

【月収報告】クラウドワークスでの兼業ライター5ヶ月目、振り返ります。

おひさしぶりです。こんにちは。

 いつもの売上報告です。これだけは自分でも楽しみにしているので、忘れません。

売上というか、経費を差し引いた金額なので利益です。

 

クラウドワークス収入

1月 2,591円

2月 12,682円

3月 15,044円

4月 38,704円

5月 27,022円 ←いまここ

 

初めて前月比で収入落ちちゃいました。まあでもこれは、クラウドワークス上ではお仕事をしていなかったからであり、当然の結果です。ええ。はじめから分かっていたことです。それでも収入が少しあったのは、先月からの継続案件があっただけです。

 

5月はFP3級の試験を受けるために、丸1ヶ月(実質15日)すべて捧げました。

ちまたでよく「FP3級は簡単」「誰でも受かる」「勉強は1週間でOK」などと言われていますが、私にとっては結構難しかったです。

しかも今までに、少なからず相続や不動産の勉強をしたことがあるにもかかわらず、です。

FP3級の試験は、ライフプランニング、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続の6つジャンルから出題されるのですが、そのうちの2つ勉強経験あったのに苦戦しました。

今まで触りもしていない内容が4ジャンルあったので、幅広い勉強範囲のせいかテキストも正直分かりにくいし。。しかも私の目的は資格をとるためではなくて、内容を理解して実生活に活かすこととクラウドワークスでの仕事につなげること、だったので、なおさら焦りました。

f:id:shiracoblog:20170601140913j:plain

結果、U-CANのテキストと問題集をひたすらやり、LECリーガルマインドの過去問3年分を解いて試験に挑みました。

 

問題用紙をなぜか持ち帰れるので自分の回答をメモり、帰ってからきんざいのHPで模範解答を確認したら、

学科 51/60点 (36点以上で合格)

実技 44/50点 (36点以上で合格)

合格してました~。よかった。

さっき苦戦したと書きましたが、真剣に大人が勉強すれば短期間で合格できるあたり、簡単な試験なんだと思います。勉強の感触は簡単ではなかったんだけどな~。まあ「合格できるかどうか」と言われたら簡単にできると言えるんでしょうけど、勉強内容は深かったです。

実際試験受けてみて、やっぱりお金や投資、税金や保険に対して考えることが増えましたし、自分の状況も整理してみようと思えました。いいきっかけです。

 

と、5月はこんな感じでした。いいステップになったかな。

今月からは、ちゃんとクラウドワークスのお仕事がんばります。

 


'16~'17年版 FPの学校 3級 きほんテキスト 【オールカラー】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)


'16~'17年版 FPの学校 3級 これだけ! 問題集 【オリジナル予想模擬試験つき】 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

今後お付き合いするクライアントさんの判断基準は、違和感があるかないか、ではないかと思います。

地味にブログタイトルを変えました。

まずは月に30万円稼げるようになるのが今年の目標なので、弱気なタイトルをやめて、わかりやすく目標をタイトルにしてみました。

それはどうでもいいとして…

 

私なりに一緒にお仕事するクライアントさんの判断基準ができてきたので、書いておこうと思います。

ツイッターなどで色んな方がいわゆる「地雷クライアント」の見分け方、などを共有してくれていますが、それとは少し違います。

あくまでも自分が気持ちよくお仕事できるかどうか、での判断基準なので、同じ感覚の方がいたらぜひ参考にしてください。シンプルに2つです。

 

1.最初のメッセージのやり取り(1往復)で違和感がないか

2.お仕事の途中でのやり取りに違和感がないか

 

まず1の違和感は、ファーストタッチのメッセージで違和感があるかないか。

たとえばこんなクライアントさん。

スカウトメールを送ってきて、こちらからやんわり辞退のメッセージ(もしくはやりたいお仕事だけど条件が合わない旨)を返信しているのにもかかわらず、それには返信をせずに新たな条件のスカウトメールを送ってくる方。

こういう方のお仕事は、新たな条件が自分の条件に完璧にマッチしていたとしてもお断りすることにしています。最初から意思疎通ができないし、顔が見えないからこそ大事にしたい部分が違いすぎると感じるから。

なんか無言で「じゃーこれは?」といった感じで、書類を投げつけられているような感じがするんです。違和感しかない。

 

ですが、必要最低限の返信をしてくれる方はこれには当てはまりません。少し冷たく感じることはあっても仕事ですし、それが当たり前だと思う部分もあるので全く問題ないです。指示が明確で無駄がなくレスポンスも早い場合が多いので、違和感ゼロ。

重要なのは、冷たく感じるかではなくて違和感があるかないか、ということ。

 

2の違和感は、1のファーストタッチはよくてもだんだん違和感がでてくるパターン。

打ち合わせでのスカイプや電話でのやり取り、チャットワークでのやり取りなどに違和感がでてきたら、契約しているところまではやりきって身を引くことにしています。

ここで間違えたくないのは、仕事内容は関係ないということです。

お仕事を進めていくなかで、当初は言われていなかったことが増えたり、自分に負荷がかかったりしても、クライアントさんと自分にとってプラスになるならそこに違和感がなければ大丈夫。気持ちよくお仕事できます。

でもメッセージや電話で違和感を感じるのなら、さっさと今のお仕事だけ片付けて身を引きます。

 

この2つの違和感は、いい条件の前だと飛んでしまうこともありました。飛んでしまうというか、感じないようにするというか。

でも後で、絶対に後悔すると思えるようになりました。違和感を感じながらも続けていると、自分の精神衛生上よくないことが多いです。

 

これは、クライアントさんから見た自分にももちろん当てはまることなので、十分注意しようと思っています。顔が見えないからこそ、人間性や思っていることが逆にストレートに出るのが文章だと思うから。

 

自分を適度に守りつつ、今のクライアントさんのお仕事に全力で取り組む。

自分から選んでいる以上選ばれることにはなるけれど、それでもその中で全力で取り組めば、気持ちのいい世界にいれるんじゃないかな、と思うのです。

5ヶ月間、クラウドワークスでやり取りして感じたことでした。

 

最近お財布の断捨離が楽しいです。

最近ほとんどクラウドワークスのお仕事をしていません。

駆け出しなんだからとにかく書きまくれよ、と自分でも思うのですが、資格の勉強が思いのほか楽しい(そして難しい)ので、そっちを頑張っています。

 

そんな私が今月はまっているのは、お財布の断捨離。

お財布といっても中身のことで、使っていないキャッシュカードや通帳、クレジットカードやポイントカードの整理のことです。

 

財布がパンパンになるし、見た目にも美しくないので、この際いろいろ勉強になるし…と始めました。

 

まずは使っていないクレジットカードの解約。これは意外と簡単でした。電話するだけ(笑)

通帳記入やweb明細でチェックしないズボラな私は、年会費ガッツリ取られていました(T ^ T)

今さらなげいてもしょうがないので、さっさと解約。

 

次は使っていない銀行の解約。

これは2社ありました。どちらも印鑑と通帳とキャッシュカードを店頭に持っていけば、すぐに解約してくれました。しかも!1社の口座にまーまーな金額入ってました\(^o^)/まさかの臨時収入。どこまでズボラなんだ…

 

次は使っていないポイントカードの処分。

そして使っているものをお財布の取りやすいところに移動。これを機に、ポイント意識するようになりました。WAONは200円で1ポイントなんだなーとか、ポンタはローソン、Tポイントはファミマでちゃんと出すようになりました!

 

そして、クレジットカードの見直し。

今までNTTグループカードを使っていて(相当昔に作った)、ポイントとか何も考えず還元率も知らず、多分10年以上使っていました。よくわからないままwebで明細チェックしてみたら、なんとポイント結構たまっていたのでQUOカードに変えて送ってもらいました。そして端数は熊本へ寄付。そして解約。

 

次は去年からメインで使っているポケットカード。これもweb明細見たことなかったですが、初めてちゃんとみたらだいぶ得してる!(毎回1%値引きされる)そしてポイントも貯まっていたので、銀行に振り込んでもらいました。

 

うーん、スッキリ。

私は本当にこういう類のものに弱いですけど、ちゃんと管理したら死んでいたお金が復活しました(笑)

忘れていた預金に、知らなかったクレジットのポイントに…と合わせると、13万円近く掘り出せました。でも年会費10年くらい取られていたので、10万くらいか(T ^ T)断捨離して良かった。

 

ちょっと調べたから、最近はLine Payも気になるな…と調子にのっています。

でもなんだか複雑そうなので、まだ私には早いかな。

それでは今日は寝ます。おやすみなさい。

【月収報告】クラウドワークスでの兼業ライター4ヶ月目を振り返り。ライター収入先月比2.5倍ヽ(*´∇`)ノ

クラウドワークス収入

1月 2,591円

2月 12,682円

3月 15,044円

4月 38,704

4月の稼動日数は10日で稼働時間は80時間ほど。時給にすると4,838円でした。

最近は外のお仕事がかなり忙しく、こちらも好きな仕事なのでとってもありがたいのですが、やっぱりライターでの収入をもっと増やしたいところ。

今のところは生活するにも外のお仕事ありきですが、12月くらいにはライター収入を外のお仕事レベルにあげることが目標です。

となると今の7倍が必要ですが…でもでも、1月から4月の収入は14倍になってるわけだし、いけると思って日々自分を基準にがんばります。

「自分の先月の数字を意識して、自分の将来の数字を意識する」

 

最近、外のお仕事をしていて感じるのは、数字が伸びている人がやっていることはだいたい決まっているな~ということ。

1.楽しんでいる

2.ルールを守る

3.時間や気持ちが安定している

 

この3つだけです。

1は、純粋に仕事を楽しんでいる、ということ。どんな人がきても文句言わず、偏見を持たず楽しめる。ひとつの技術だと思います。

2は、会社でのいろいろなルールをとりあえず守っている、ということ。がちがちに守る必要はないかもしれませんが、ルールがあることには大きな意味があることも多いので、それを素直に守っている人は数字がいいです。

3は、出社してくる時間が安定していたり、気持ちのアップダウンが少ない、ということ。何事にも安定感があると、数字も安定しています。

 

これはライターのお仕事にもきっといかせると思い、当てはめてみると…

楽しめているか→時々。しかも案件による

ルールを守っているか→納期は守っているし、返信はちゃんと返している

時間や気持ちが安定しているか→まったく安定しない

3点満点中1.2点でした。うーん。精進します。

 

今月は資格試験があるので、勉強メインにがんばりまっす。

クラウドワークスで、スカウトしてくれたお仕事だけをこなした結果

今月は外のお仕事が忙しく、家にいるときは結構ダラダラしていました。クラウドワークスの画面を開かない日もあったくらい、前半はつめつめ。

 

半ばくらいにようやく画面を開くと、スカウトメールが届いていました。といっても、そんな頻繁にメールが届くわけではなく(プロフィールは一応工夫していますが、実績がない)、たまたま開いたその日にメールがきていました。

 

ちょうど5連休になる直前で、たまたま興味のある内容でもあったので引き受けました。それがなんと大当たり。とっても素敵なクライアントさんと、お仕事できる機会に恵まれました。うれしー!

 

お休みで暇だったので、今までになく集中してがんがんお仕事をこなすことができたので、その期間だけで先月の売上を超えました。やったー!

 

今まで色々模索しながらやってきましたが、うんうん唸って考えているときには何も起きなかったのに、他の仕事に気をとられて気がそれたときに、フワっと機会は訪れました。忘れたころにやってくる、ですね。

 

ずっと何かしら目標を見据えていれば、忘れたころや諦めかけたときにフワっと何かが舞い降りるものなのかもしれません。

 

今回のことで、ライターのお仕事を本業にできる希望を持てるようになりました。私でもいけるかもしれない、と。本気でやりだして4ヶ月目。やっとこさです。

 

今年の年末はどんなことになっているんだろう…楽しみです(笑)

ぜんぜん結果が出なくて弱気になっているライターさんへ。私みたいなライターもいます。

今日はなんだか気分的にノってました。

クラウドワークスで応募した4件のプロジェクトのうち、すぐに2件契約になり、1件はまだ返信が来ず(無理かもしれない)、残りの1件は送られてきた詳細を見て辞退しました。

 

この流れでタスクを5件こなして、今日のお仕事は終了です。

なんだかいつにない達成感で、気持ちのいい一日でした。といっても、今日の売上としては微々たるものです。でもこれでいいです。初めてなんとなく感覚がつかめた気がしましたし、1日で9つのクライアント様とやりとりができたのは、クラウドワークスでお仕事をしていて初めてでしたから。

 

私はツイッターは眺めているだけですが、フォローしている方はみんなすごいライターさんばっかりです。それは励みにもなり、落ち込むこと時もたまにはあります。

 

そんな私みたいな駆け出しのライターさんや、なかなか結果がでなくてやめようとしているライターの方もいるはず。そんな方の励みにしかならないブログになれたら、それはそれで嬉しいです。

 

こんなに結果が出なくても、一応月の半分はライターに当てています。きっとやり方が間違えていて、ものすごく遠回りをしている可能性大ですが、私なりに情報を集めて色々と日々何かしら動いています。

 

3ヶ月でこんなに結果でたー!というブログやツイッターを見て、ひえー!と驚いて、それに比べて私は…とウジウジ思っていました。ぜんぜん足元にも及ばない自分が情けないし、何でこうなっているのか分からない自分にイライラしたり。記事を書く難しさが分かるので、そういうライターさんの事を本当にすごいな…と心の底から尊敬して、そしてうらやましく思います。

 

ですが3ヶ月を超えた今では、普通に「きっと私には足りないものがある。きっと気づいていないことがある。」と思えます。すごい人を見すぎて、それが当たり前と思っていたのかもしれません。そんなわけないのに笑

 

そんなわけで、こんな私でもライターとして生計が立てれるようになるまで、頑張っていくつもりです。まだまだそこまでいっていなくて弱気になっているライターさん、私みたいなのもいますので、頑張りましょう。