クラウドワークスで30万

2016年12月末からクラウドワークスでライターのお仕事始めました。ここでは嘆いているようでもありますが、楽しんでもいます。

サグーワークスってなんかすごい。こういうシステム好きです。

まだプロジェクトに応募する精神的体力が戻っていないので、クラウドワークスかランサーズのタスクしかやっていません。それでも2月の目標に掲げた「毎日500円分は書く」という目標は達成し続けているので、とりあえずはこの調子でがんばります。

 

タスクをこなしつつツイッターを見ていると、たまに「サグーワークス」というのを見かけるので検索してみました。

すると、猫のイラストに見やすいページ。なんか面白そう。

さっそく会員登録して見てみると、ライターさんのランキング、その方の年度別や月別のポイント数(1p=1円)が公表されていてすごく斬新でした。

なにやら、とあるプラチナライターさんのある月は521,976pとな!

え、すごい。

しかも投稿数も載っているので、1記事の単価もわかります。

すごいプラチナライターさんでも、駆け出しのころはものすごい記事数を投稿していたことが分かります。なんか元気をもらえます。

 

しかもテストを受けてランクをあげていき、合格したプラチナライターさんしかできないお仕事もあるみたいで、すごく面白そうでした。

 

さっそく74円のタスクを1つこなしてみましたが、ペーペーのレギュラーライターのお仕事は少なく、私にできそうなものは少なかったので今日のところは1つで終了しました(´;δ;`)

できそうな案件があれば、サグーワークスも積極的にお仕事していきたいです。

 

まずはできそうなものをやってみる。

そこから自分のパフォーマンスが高いものを見つける。

がんばります。

「白子に足りないのは、信じて継続することだ」と言われて、今日もタスクを目標金額こなしました。

昨日に引き続き、今日もふわふわタスクを眺めつつお気に入りに入れていたら、それを見ていた彼氏が「白子に足りないのは、信じて継続することだ」ときっぱり言われましたΣ(×_×;)

 

お気に入りに入れてふわふわしている暇があったら、1個でもいいから書いていったら?と。そのとおりです。自分のことは分からないものです。

言われちゃったし頑張ろうと思い、1000字書き終えると、

「2000字を1時間でかけるようになるんやろ?1000字何分やったん?45分?あかんな。」

 

ひーーΣ(×_×;)

 

なんか言われて、ちょっとすっきりしました。

今の私に足りないもの。

やることの優先順位を間違えない。

継続すること。

今は余計なことを考えない。

目の前のことに全力になること。

こんな単純なことでした。

人のことは分かるのになぁ。

 

今日はタスクを3つこなして898円でした。1日500円以上の目標達成です!

 


やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

ツイッターでアドバイスしてくれた通りにしたら、1時間半でタスク3件(972円)こなせましたヾ(*・∀・)/

今日は午前中転売のお仕事頑張って、午後からクラウドワークスかランサーズで仕事探ししよーと思っていたら、ツイッターから返信が。

前回の記事を見て、shinobiライティングのことやクラウドワークスの案件を紹介してくれた方からの返信でした。

 

まだツイッターに慣れてない私は、「おお!こんなこともあるんだ」と驚きつつも、アドバイスしてくれた案件をパソコンで探し、さっそくとりかかりました。

 

難易度が低かったので、私でも1記事(600文字)40分くらいで書けました。すぐにお礼のツイートをポチポチしている最中に、すぐにクラウドワークスから承認メールがきました。

す、すごい・・・

 

すぐにまた同じ案件で2記事書きました(笑)

ちょっとスピード上がって、2つで1時間かかりませんでした。

昨日1日500円目標に、と書きましたがさっそく目標達成しました。

 

感動したのは、こういうツイッターでのつながりがあることと、アドバイスが的確だったことです。

「相手が一番必要としていることを提案する」ことをツイッターで教えてくれた、しらたま。@フリーライターさん、本当にありがとうございました。

【月収報告】クラウドワークスでの兼業ライター1ヶ月目を振り返ります。

1月から今までメインで働いていた仕事(以下外の仕事)を半分にして、ライター業と兼業でやってみました。

 

結果は、ライター業は散々な結果でした。

以前のブログでも書いた通り、やり始めてすぐに壁にぶち当たってしまったので、メンタルを立て直すのに時間がかかってしまいました(*_*)

その間、何も考えずできる転売ビジネスをしていました。

 

クラウドワークス 2,591円

ランサーズ 1,000円

転売 149,689円

外の仕事 189,052円

転売雑費 ▲22,615円

転売仕入 ▲156,942

差し引き合計 162,775円(*_*)

 

先月までの月収より大幅ダウンしてしまいました。

 

外の仕事を減らしたこと

ライター業が止まったこと

月末にやたらと仕入れたこと

 

この3つが原因です。

来月はライター業で10,000円を超えることを目標にします。1日500円分書けば10,000円は超えれる!

 

何が得意なのか、ジャンルはどれにしようか、何か絞ったほうがいいのか、書きやすいと思うものがいいのか…

いろんな人のブログやツイッターを読めば読むほど分からなくなってきたので、2月は1日500円、月で10,000円目標で頑張ってみます。

 

 

 

誰かのブログで「まず経験談から始めてみるといい」とあったので、やってみました。

最近ずっと落ち込んでいましたが、そろそろ気分も上がってきたので気分を変えてランサーズをポチポチと見ていました。

プロジェクトの継続案件まではまだ気持ちが追いつかないので、とりあえずタスクのみで検索していたところ、体験談の募集がありました。

ツイッターで前に「まず体験談から始めてみるといい」と誰か書いてた記憶があったので、とりあえずチャンジ。

 

1記事1000文字以上で1080円でした。

 

30分くらいでできました。

今まで1ヶ月くらい記事を書くお仕事をちょっとずつやっていた中で、いっちばん書きやすかった!!!

体験談だと書きやすいですね。

でもよく考えたら当たり前ですね。

自分の体験したことをそのまま書くだけですし、ゴールも見えているのでブレることもなかったです。

私が一方的に尊敬しているとっとこランサーさんがブログで書いてくれていた、「テーマと内容がズレていないこと」が簡単でした。(こんなこと書いて非承認だったら最悪ですが)

 

ちゃんとした自分の強みを持つことを目指す前に、しばらくは楽しんでやることを優先させます(笑)

 

 

以前自分から連絡を絶ってしまったクライアント様から連絡があり、お仕事を再開する事ができました。

先日のお仕事辞退から「諦めてはいないけど、やっぱり結構落ち込むなー(´・_・`)」とウジウジしていましたが、クラウドワークスにメッセージが。

 

以前に契約していたクライアントさんからでした。

 

というのも…

クラウドワークスに登録したての頃(10月くらい)に、勢い勇んで応募して、奇跡的にゲットした案件でした。

内容は1日1記事、キュレーションサイトのまとめ記事を書くもので、今思えば初心者の私でも淡々とやれば難しくはないのですが…

 

ちょうど15記事目(契約は30記事)を書き終えたころ、DeNAのキュレーションサイト問題がニュースになっていて、全く内容が分かっていなかった私は自分がやっている事が怖くなり、なんと記事を書くことを無断でやめてしまいました。

 

一社会人として、本当に恥ずかしいです。

 

1ヶ月ほどたって自分のしたことに気づき、謝罪の文章と記事を1つ作ってメッセージを送りましたが、返信はずっとありませんでした。

 

そらそうですよね。

こんないい加減なやつ、絶対一緒に仕事したくないですよね。

 

それからもう諦めていたのですが、今日返信が来て、納得はしていないが今度は納期守れますか?とメッセージが来ました。

 

優しいです。

今度は絶対に守ります。そして不安に思ったことはちゃんと相談します。

 

去年までメインでしてた仕事ならこんなことはなかったので、私がこちらのお仕事をなめていたんだ、と気づきました。本当に恥ずかしくて、何も言い訳できません。

 

本当に色々やらかしてしまいますが、今回はやり遂げたいと思います。

 

 

 

クラウドワークスで、お仕事を辞退してしまいました。

先日せっかく契約していただいたクライアントさんのお仕事を、辞退することにしました。自分の考えの甘さからこうなってしまったので、忘れないためにもブログに残しておきます。もし誰かの役に立つことがあれば嬉しいです。

 

私は無意識に焦っていました。

今までのメインのお仕事を減らしたので収入が減る。なんとかしないといけない。

頭の中では「別に減らしただけでたいしたことない」と思っていたつもりでしたが、心は違いました。

 

クラウドワークスで、単価が高く自分でもなんとか書けそうなお仕事を探しては、こなすスピードもよくわからないまま(どれかは落ちると思っていたので)どんどん応募していました。そして未経験の私はテストライティングの毎日。そこまでは良かったのですが、いよいよ本契約にこぎつけようとしたとき、半日かけて書いた記事が全修正されました。ここで気づきました。

 

なんとか体よく記事をかいて、、、という気持ちで書いてた

 

クライアントさんは、色んな言葉で私に教えてくれていたのですが、私はずっとこう思って書いていました。しかも全修正された記事の修正のときは、「どこかの記事を参考にしましたか?」とまで言われました。もちろん全てオリジナルでしたが、どこからどうみてもどこにでもある記事だったんでしょうね。

 

文章って書いた人の気持ちすぐばれる(笑)

 

なんのために書いているのかわからなくなっていました。

どこにでもある記事を誰もほしがってない。なのに書いてました。

 

初めてのことなので少しパニックになり、どう修正していいかもわからなかったので結局辞退しました。本当に迷惑をかけてしまいました。

のんびりして、もう少し整理してからお仕事していきたいと思います。